[フランク対策]フランクに慣れてみよう

マッチをしてるとやたら強いフランク一人に壊滅的になることってないですか?でも前段階で知っておくことである程度対策ができるものです(どうしようもないほどレベル差がなければ)。今回は、前提として覚えておきたいことを書いていこうと思います。
(以下ダメージはD、フランクはF、フロントラインはFL、サポートはSと表記。)

1. フランクは裏から攻めてくることが多い
 ポイントの取り合いで夢中になってるDやSに対して、Fは機動力を生かして後ろに回ってくることが多々あります。そして虚をつかれたが如くDやSがいなくなり、FLは孤立し全滅。なんてことよく見ませんか?これはFの常套手段です。ポイントにいないと思ったらまず警戒しましょう。

2.  Fの優先攻撃対象は、SとDだ。
 ポイントの取り合いで一番厄介なのは誰かということ。効率良くFLにダメージを重ねるD、回復させ戦線維持と復帰を早めるS。DPSが高く、回避や攻撃的なスキルが多くこういったチャンピオンの排除を得意とするのがFだといえるので、必ず敵の位置を予測しながら戦闘すると生存率が上がり、FLの近くに誘うと尚更よいでしょう。

3.  複数で相手をしよう。
 Fは近距離で瞬間火力が高いが、Dと比べ継続的に火力は低く、体力は少な目に設定されている。よって継戦能力が低い。そのせいで複数の敵に囲まれると倒せずに撤退せざるを得なくなってしまう。なので、なるべく孤立をせず、常にFの位置を意識し、予想しよう。

4.  Fのスキルの特徴を覚えよう
 Fが厄介に感じるのは、スキルとの組み合わせと移動系のスキルのせいだということ。それぞれのチャンピオンの特徴を覚えておくといいと思います。移動スキルには特徴的な大きな音が出ること、そしてさらに重要なのが、Fは自分の体力を回復させるカードが必ずあり、そのせいでHP実数値よりも多くなります(焼灼)。特にKoga, Buck, Skye, Zhin辺りはスキルの組み合わせとカードで戦闘中にHPの半分以上回復されることがあるので注意。

5, CCはキツい
 前述の通り、カードによって移動スキルにおまけがついてくるのがFだと思ってよい。それを封じられるクリップルは、非常に嫌がるものとなる(Raumぐらい)。SとFLには、クリップルさせるスキルやタレントが大抵揃っているので、対策取りたいのなら必ず使えるようにしたいところ。

S: Grover, Furia, Seris, Maldamba, Jenos, Io
FL: Inara, Khan, Makoa, Terminus, Atlas(巻き戻し), Ash(ノックバック) , Torvald(沈黙)

6 2タンク構成にしよう
 ここまで説明してきた内容を読むと気づく方もいると思います。FLで相手すればいいのではと。FLは、ポイントを取るだけのチャンピオンだと思っていませんか?味方の前に出て敵を遅延させる(そのことでダメージレースに勝利する)ことができるチャンピオンだと言えると思います。一人のFLでは、ポイント取るので精一杯になりがちですから、もう一人のFLがDとSの安全なスペースを確保することを担うといった役割をするとかなり安定感が増すと思います。

7, 自分もFを使ってみよう
ここまでいろいろ説明したけど一番はこれ。スキルの特性知ったり、カードをいじったり、使ってみてこの状況が厳しい、逆にこれ狙い目だなといった実感がとても得られるし、また他のチャンピオンと違った楽しさも感じられますよ。

フランクの攻防もPaladinsの魅力だと思うので、苦手意識を持つ人が一人でも少なくなってもらえるととても嬉しく感じます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました